弔電の文例1 − 汎用的な文例

スポンサードリンク
ご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げます。ご家族の皆様におかれましては、お力落としなきよう心よりお祈りいたします。

ご逝去の知らせを受け、今はただ驚いております。ご生前のお姿を偲び、心よりご冥福をお祈りいたします。

突然の悲しいお知らせに、言葉もございません。いつまでもお元気でお過ごしのことと思っておりました。在りし日のお姿を偲び、心からご冥福をお祈りいたします。

○○様ご逝去の報に接し、心よりお悔やみ申し上げます。ご生前の朗らかなお姿を偲び、今は悲しみに耐えません。心よりご冥福をお祈りいたします。

最愛の○○様をお亡くしになられた皆様のお悲しみは、計り知れないものとお察しいたします。どうかお気を強くお持ちになってください。心からお悔やみ申し上げます。

突然の悲しいお知らせに接し、悲しみに耐えません。どうかお気落としのないよう、ご自愛ください。在りし日を偲び、心よりご冥福をお祈りいたします。

突然の悲報に接し、心からお悔やみ申し上げます。お力落としをお慰めするすべもなく、今はただ、故人のご冥福をお祈り申し上げるばかりです。

突然の悲報に接し、呆然としております。お元気だったころのお姿ばかりが思い出され、訃報がいまだに信じられませんが、今はただ、ご冥福をお祈りします。

突然の悲報に接し、驚いております。ご家族の皆様のご心情をお察しし、できることならばすぐにもお慰めにまいりたい気持ちですが、遥かな地よりご冥福をお祈りいたします。

ご生前の人懐こい笑顔ばかりが目に浮かびます。ご親族のご心中はいかばかりかと存じますが、今は安らかな旅立ちでありますよう、こころからお祈りいたします。
posted by Denbun | 弔電の文例
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。