弔電の文例2 − 父を亡くした方への文例

スポンサードリンク
ご尊父様のご長逝、まことにご愁傷に存じます。ご生前のお姿を偲び、謹んで哀悼の意を表します。

ご尊父様ご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げますとともに、心よりご冥福をお祈りいたします。

ご尊父様のご逝去、心からお悔やみ申し上げます。在りし日のお姿を偲びつつ、ご冥福をお祈りいたします。

ご逝去の方に接し、謹んで哀悼の意を表します。ご尊父様には、幾多のご厚情を受けながら、ご恩返しひとつ叶わず、痛惜の至りです。今はただ、ご冥福をお祈りいたします。

楽しそうに談笑されていたお姿が、思い出されます。ご家族のお悲しみはいかばかりかとお察しいたしますが、どうかお気落としのないよう。謹んでお悔やみ申し上げます。
posted by Denbun | 弔電の文例
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。