弔電の文例4 − 子供・孫を亡くした方への文例

スポンサードリンク
ご令息の突然の悲報に驚いております。ご家族の皆様のお悲しみは、いかばかりかとお察しいたします。謹んでお悔やみ申し上げますとともに、心よりご冥福をお祈りいたします。

ご子息様急逝の報に接し、悲しみのあまり言葉もありません。前途洋々たる時に突然他界され、ご両親のお悲しみはいかばかりかとお察し申し上げます。今はただ、ご冥福をお祈りいたします。

ご令嬢様のご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます。ご家族の皆様におかれましては、お悲しみのあまりお体を損ねることなどございませんよう。心からご冥福をお祈りいたします。

お嬢様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げます。ご両親様のお嘆きをお察し申し上げますと、胸がふさがる思いです。心からご冥福をお祈りいたします。

お孫様のご急逝の報に接し、驚きを禁じ得ません。ご家族のご傷心を思うと、涙がこぼれます。どうかお気落としされませんように、心からお悔やみ申し上げます。
posted by Denbun | 弔電の文例
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。