弔電の文例5 − 友人・先生を亡くした際やビジネスでの文例

スポンサードリンク
幼なじみとの別れに接し、悲しみで胸がいっぱいです。今までたくさんの思い出をありがとう。どうか安らかにお眠りください。

竹馬の友の訃報に接し、悲しみに堪えません。何事に対してもひたむきだった愛すべき彼のご遺族のご心中をお察し申し上げ、心よりご冥福をお祈りいたします。

先生ご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます。かけがえのない人生の師を失うことは胸がふさがる思いですが、先生のお教えは心の中にいつまでも生き続けます。どうぞ安らかにお眠りください。

会長ご逝去に際し、謹んでお悔やみ申し上げます。惜別の念とともに、生前のご功労に敬意を表し、心からご冥福をお祈りいたします。

社長様のご訃報に接し、当社社員一同、謹んで哀悼の意を表します。ご遺族ならびに社員ご一同様にお悔やみ申し上げますとともに、心よりご冥福をお祈りいたします。


posted by Denbun | 弔電の文例
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。