弔電のマナー

スポンサードリンク
弔電は、葬儀や告別式が執り行われる時間までに打つのが常識です。送り先は、葬儀や告別式が自宅で営まれるのであれば喪家に、斎場などで営まれる場合はその斎場気付にします。

宛名は、喪主あてにするのが普通です。喪主の名前が分からなければ、故人のフルネームを書いた上で、「ご遺族様」「遺族ご一同様」としますが、もし故人の名前もわからない場合は、親しい親族で名前が分かっている人あてでも構いません。

また、文末に差出人の名前を入れるのを忘れないようにしましょう。このとき、差出人がどういう関係の人なのか遺族にすぐにわかるよう、肩書きなど(会社名、部署名、所属団体名)を添えておくと親切です。

弔電の文章については、お悔やみの気持ちや親族に対する励ましの気持ちが伝わる文章であれば基本的には大丈夫ですが、悲しみを表現することに捉われるあまり、大げさな表現になってしまうのは避けるべきです。

また「忌み言葉」といって、直接的な表現である「死亡、死去」、不幸が重なることを連想させるような文言である「重ね重ね、重なる、また、またまた、再び、たびたび」や、故人の不幸を思わせる「九、苦しむ、迷う」などは禁句ですから、使用してはいけません。

その他「いよいよ、とんだこと」などの、予期された事を表すような言葉や、非難を表すような意味が含まれる言葉も使用してしまわないように注意しましょう。
posted by Denbun | 弔電のマナーについて
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。